「運動主義」、「不平主義」、「魔術主義」

「運動主義」、「不平主義」、「魔術主義」

米国大統領独立候補 エマニュエル・パストリッチ

2020年5月16日

米国の経済的、制度的、文化的な崩壊の速度は増してきており、今日ではほとんど誰もがこの国で何かが根本的に間違っていると感じることができますが、新聞やテレビ局はおとぎ話を紹介する以外に何もすることが出来ないのが現状です。私たちは一握りの権力者に仕える奴隷のような状態にあり、道徳的な砂漠への国の変貌を止めることが出来そうにありません。

しかし、多くの人々が私たちの文化の深遠な矛盾や表面下の嫌悪感に気づいているのに、なぜ我々は麻痺したままなのでしょうか?なぜ私たちは何の行動も起こせないと確信しているのでしょうか?なぜこれほど多くの才能ある若い米国人が組織化に苦労し、すべての行動が社会の変革に焦点が当てられていることを確認し、隣人と協力してより良い社会を創ることができないでいるのでしょうか?

この麻痺にはいくつかの理由があります。私たちは過去70年間、広告会社によって作られた「甘い消費文化」に浸かってきました。この「病んだ風呂」は私たちから市民としての力を奪い、私たちはイメージや感情の消費者になってしまいました。私たちはテレビの権威者たちが、不気味なカーニバルの一部として、わが国にとって重要なこと以外のすべてを語っているのを見ています。我が国は20年前に壊疽(えそ)と化した致命的な傷を負ったことは言うまでもありません。勇気を持って感染した指を切り落とし、腐敗を食い止めるべきでしたが、バンドエイドでそれを覆ってしまい、目に見えず、耳に聞こえない毒が静脈を通って流れるようにしました。

これが今の状況です。まだ仕事を持っている人はスターバックスに行って、家族の生活について友人と楽しい会話をすることができます。しかし、私たちのほとんどは、働いても給料がもらえない長い一日を過ごしています。子供たちのために夕食を作るのもやっとです。私たちは絶望を感じていますし、周りの人たちも同じです。ロックダウンがすぐに終わるという話を耳にしますが、誰もそれを信じていません。

無所属の大統領候補としての私の最も緊急の役割は、皆さんに希望を与え、金権者や彼らが支配する政府の一部からの非現実的な要求に反応しないで、積極的に前進する道を描くことです。

この悲しい状況を助長しているアメリカの3つのトレンドについて話したいと思います。モールでも、リビングルームでも、オフィスでも、表面の裏側にある見えない力の流れを感じています。 私たちから自由を奪い、自分たちの行動に自信をなくさせてしまった3つのトレンドは、「運動主義」、「不平主義」、「魔術主義」です。

これらの用語は聞き慣れないし、少し耳障りな言葉かもしれません。私たちは人々を現在のまどろみから揺り動かし、目覚めさせたいのです。 私があなたにショックを与えることは、ほんの少しの修正を加えれば、物事は素晴らしいものになるという決まり文句を並べることよりもずっと重要です。

第一の問題は「運動主義」です。

「運動主義」とは、ある視点や政策に対する支持を集めるために、公の場での集会や資金調達、キャンペーンなどを含む大規模な運動を組織することです。運動主義は、営利目的の新聞や営利目的のソーシャルメディアを通じて、露出やイメージ作りに焦点を当て、落ち込んだ人々からの注目を集めます。これらの運動の指導者は、本を出版したり、政治家、人気歌手、王族、その他の有名人と会うなど、企業メディアによって宣伝されます。

運動主義の最も良い例は、2002年のイラク戦争反対運動、「Me Too」運動による女性の性的虐待への取り組み、グレタ・トゥンバーグの活動に見られるような気候変動への意識を高めるための活動などに見られます。これらの活動には膨大な時間がかかり、何千ものFacebookの投稿が埋まり、莫大な予算が必要となります。運動は何かが行われているかのような印象を与えますが、効果的な組織化を行う能力のある、より熱心な人々から注意を引き離すような結果をもたらすことが多いのです。「運動主義」に巻き込まれた人々は、しばしば誠実であり、自分たちの行動の非効率性に気付いていません。

2002年9月に始まった米国のイラク戦争計画に対する抗議行動は、典型的な運動主義でありました。反戦デモは確かに印象的であり、史上最大規模の世界各地での組織的な大衆デモを形成していました(あるいはそう言われています)。また、何百人もの政府関係者や数人の政治家が、ブッシュ政権に反対するために勇敢に前に出て行きました。しかし、これらの感動的な努力は、一握りのエリートを富ませるための無意味な戦争を止めるのには効果的ではありませんでした。爆撃は何の抵抗もなく進み、紛争は今日に至るまで続いています。

何がいけなかったのか?あんなに多くの人が抗議していたのに、ごく一部の金持ちや権力者が、このような危険な決定を平然と行うことができたのはなぜでしょうか?なぜ、抗議活動が悲惨な結果に終わった理由について、これまでほとんど真剣な議論がなされてこなかったのでしょうか? 私たちは、メディアで注目を集めることが重要であるという考えに完全に染まっていました。多くの人々が真実を知れば、それが何らかの形でエリートの意思決定プロセスに影響を与えるだろうというのが「運動主義」の核心的な前提であります。超富裕層が私たちとは根本的に異なる価値観を持っている可能性については、誰も考えていません。

メディアは、ある運動が正当な運動であるためには、有名人から十分な注目と支持を得なければならないことを示唆しています。しかし、私たちは、「有名人であること」はメディアが販売する商品であることを忘れています。 運動主義とは、利益のために運営されているメディアやソーシャルネットワークによって、市民が自分たちの行動に価値があると確信するプロセスであって、世界を救うためのものではありません。エンゲージメントを高めるプロモーション活動に基づいてお金が発生します。これらのメディア複合企業にとって、成功は何の関心事ではありません。腐敗した営利メディアによって広く報道される活動は、彼らの利益を損なうような活動ではあり得ません。つまり、報道される運動は経済的に独立したものであるはずがなく、メディアが推進するヒーローたちがどのようにしてそれらの企業から利益を得ているのかに注目することができないのです。

「運動主義」は消費文化や自己崇拝の促進の一環であります。運動主義のゴールは自己実現であり、大義に対する深い道徳的なコミットメントを持った組織的な集団の形成ではありません。私たちの多くは、ある運動を支援するには、その運動を支援する前に、多くの資金やメディアの知名度、著名人の支持を得なければならないと思い込んでいます。それが私たちが信じてきたことなのです。

あなたはFacebookやTwitterのユーザーではなく、企業のクライアントに売られている商品であることを忘れないでください。FacebookやTwitterでサービスを受けている法人顧客は、あなたを購入するときに、あなたに何を求めているのでしょうか?彼らが求めているのは、あなたが何かとても重要なことをしていると思っていても、実際には何のインパクトもないと思ってほしいということです。

では、真の運動とはどのようなものなのでしょうか?

経済の変革につながり、多くの人々の生活条件を改善した1850年代の反奴隷運動を考えてみましょう。反奴隷運動は大規模な運動で、人々が直接会って政策を議論したり、急進的な行動を促進したりする地元の組織に参加していました。それには、地下鉄のような行動も含まれており、反奴隷運動のメンバーは、アフリカ系アメリカ人を密輸して外に連れ出したり、プランテーション内で恐ろしい闘争を組織している彼らを助けるために、危険な努力を繰り返して命を危険にさらしていました。これらの犠牲はほとんど記録されていませんが、組織は力を増すばかりでありました。

メンバーは参加型制度と生涯の絆を形成しました。彼らは選挙で投票することや、署名のための請願書を発行することに執着していませんでした。彼らは、そのような無害な活動が奴隷制という犯罪を終わらせるためには何もしないことを知っていました。彼らにとっての最強のカードは、裕福な慈善家の支援やFacebookの「いいね!」ではなく、むしろ大義のために死ぬことを厭わないことでした。

反奴隷運動の第一人者であるフレデリック・ダグラスは、なぜアフリカ系アメリカ人は、彼らが望むか望まないかにかかわらず、闘争しなければならなかったのかについて書いています。彼は次のように指摘しています。

「この闘争は道徳的なものかもしれないし、物理的なものかもしれません。『権力は要求がなければ何も譲らない。』 それは決して無かったし、これからも無いだろう。どのような人々が静かに服従するかを調べれば、彼らに課せられる不公平や誤りの正確な尺度がわかり、言葉や打撃、あるいはその両方で抵抗されるまでこれらは続くだろう。暴君の限界は抑圧する者の忍耐力によって規定されます。」

ウォール街を占拠しようが、ファーガソンを占拠しようが、私設刑務所での抑圧に反対するストライキだろうが、そんな闘争が今まさに行われています。著名人もいない、経済界の支持者による親切な開会宣言もありません。

アメリカ政治の第二の問題は「不平主義」です。不平主義とは、特にジャーナリズムの世界ではもちろん、友人や家族との会話の中でも、アメリカで何が間違っているのか、物事がいかに不公平なのかについて、絶え間なく不平不満を言いながらも、深い分析や現状に対する具体的な代替案、聞き手に何ができるのかという提案を一切提供しないということです。

このようなジャーナリズムや政治的な議論は市民の意欲を削ぎます。私たちは大惨事を目の当たりにし、絶望以外の選択肢はないと確信しています。権力者たちがこの容赦ない「不平主義」を喜んでいるのではないかと疑わずにはいられません。

代替的メディアが行動を起こす機会を与えてくれないため、政治的危機が悪化しています。代替的メディアは、より正確なレポートを提供してくれるかもしれませんが、問題を議論し、集団行動を進めるために、あなたの近所でどこに行けばいいのか、何の提案もしてくれません。Amazon、Facebook、Viacom、Microsoftのような独占企業から独立する方法は教えられていません。

「不平ジャーナリズム」は、ドナルド・トランプやジョージ・ソロス、ジェフ・ベゾスのような少数の「悪いリンゴ」に焦点を当て、これらの個人がもっと思いやりを持っていれば、あるいはもっと啓発されていれば、問題は解決されるだろうとしばしば示唆します。経済の構造がどのように欲と搾取を奨励しているのか、あるいは少数者による金融、製造、貿易のコントロールがどのように私たちの経済的現実を決定しているのかについての分析はありません。 メディアでは独立した思想家として紹介されていますが、戦争や化石燃料の推進で財を成している企業と直接結びついている公人たちがいます。この関係は議論することのできない圧倒的なタブーなのです。公共の利益のために立ち上がるべき教育を受けた人々、番犬としての役割を果たしているはずの人々と企業との間には、このような近親相姦の関係があるからこそ、彼らの批判が浅はかで効果的でないのではないでしょうか?

互いにコミットし、目標を達成するために効果的なグループに組織化すれば、経済や政治システムを変え始めることができます。そのようなアプローチは、「不平主義」ジャーナリズムにおける対応として、決して示唆されるものではありません。

メディアにおける「不平主義」は、アメリカにおける知的言説の急激な劣化と切り離すことはできません。メディアでの分析、大学での分析、シンクタンクでの分析は、歴史についての真剣な考察を全く欠いています。ホワイトハウスや議会の話をしても、それらの組織の制度的な歴史についての議論は全くなく、その機能についての説明すらありません。CIAやGoogleは、内部組織や財政的利益について一言も語られることはなく、10年前、20年前と同じ組織であるかのように説明されています。このような歴史的背景の欠如は、読者に否定的な情報の山を残すだけです。深い問題点の理解もなければ、ロードマップもなく、次にどこに向かっていけばいいのかわかりません。

最後の問題は、「魔術主義」、つまり政治における魔術の推進です。

議論の前提は、私たちが特別な人を選ぶ、あるいはそれに従うことが必要であり、その人が十分な力を持っていれば問題は解決するということです。

市民としての私たちの唯一の役割は11月にこのマジシャンに投票することであり、その後は私たちの生活に戻り、私たちの問題を解決するのはそのマジシャンに任せることを前提としています。このような「魔術主義」のレトリックは、バラク・オバマ大統領の大統領選挙キャンペーンで大きな効果を上げました。

企業の資金提供は、もし私たちがオバマを支持すれば、この聡明で明晰な政治家が米国を変革するだろうというメッセージを後押ししたのです。言い換えれば、すべては クリントンとブッシュ時代の末期の大規模な犯罪の後、本当の変化のために必要なのは、民主党が大統領に選ばれるためのものでした。これは真っ赤な嘘でした。制度の腐敗に対する本当の解決策は、すべてのレベルで市民を巻き込み、危険であるが必要性がある、本質的なハウスクリーニングのための計画を打ち出さなければなりませんでした。

しかし、オバマにとってはあまりにも簡単でした。私たちがする必要があったのは、彼に投票して、彼がするであろう素晴らしい仕事について他の人に伝えることだけだったのです。しかし、驚くべきことに、「変化」の代理人であり、冷静でクールなオバマは、企業銀行の救済を急ぎ、支持者へのご褒美として金融規制の根絶に手を貸したのでした。

バーニー・サンダースの選挙運動は市民にアピールしていましたが、彼も同様に、問題を解決してくれる魔術師として売られていました。彼の選挙キャンペーンは、労働者によって送られたドルを使用して、企業に支払いをして、予備選で高価な広告を出すために使用されています。彼はそれなりの意味を持っていたかもしれませんが、サンダースの選挙運動は、市民の長期的な組織を構築することに一銭も投資していませんでした。そのような組織があれば、普通の市民が政治的に自立し、改革のために活動を続けることができるのです。どちらかと言えば、民主党は共和党と同じように、依存性を養っています。それが彼らのやり方です。彼らに違うことを求めるのは、虎にビーガンになるように求めるようなものです。

テーダ・スコパール教授の著書「民主主義の衰退:アメリカの市民生活におけるメンバーシップからマネジメントへ」は、アメリカ人がYMCA、メイソンズ、退役軍人、ライオンクラブなどの地域組織に定期的に参加し、日常生活の中で民主的な運営を実践することからどのように遠ざかっていったかを説明しています。しかし、この50年の間に、政治的な運営文化が参加から替わって、民主主義と透明性を壊滅的に低下させてしまいました。市民の参加が失われたことで、今日のような説明責任のない不透明な政治文化が生まれたのです。

皆さんにお聞きしたいのですが、民主党や共和党から、あなたの意見を求めるイベントに招待されたり、彼らが政策を決定するプロセスに参加することを許可されたことはありますか? 私たちは、Facebookの投稿を書いたり、ドナルド・トランプがいかに腐敗しているかについて文句を言ったりすることによって、アメリカにおける政治的関与の表面的なものを打ち負かすことはできません。私たちは、政治家のためにテレビコマーシャルを買うことによって健全な政治文化を作ることはできません。

私たちは、地域レベルの人々で構成され、その人々と共に日々活動する強力な機関を構築しなければなりません。私たちは変革に取り組まなければなりません。それは、インターネットをオフにし、私たちの隣人のドアをノックし、現実の問題について友人と話す習慣を取り戻すことを意味します。誰も私たちのためにその仕事をすることはできません。

日本の哲学者である荻生徂徠はこう書いています。

「チェスのゲームでは、マスターになるには2つの方法があります。1つはチェスの戦略を全て学び、全てのオープンとエンドゲームを学び、全ての手に影響を与える深い理解を持つことです。この方法は私たちにとって最も身近なものです。しかし、マスターになるにはもう一つの方法があり、それはチェスのルールを作ることです。」

ルールを作り上げ、新しい政治文化を創造することが可能になる瞬間はほとんどありません。しかし、現在の米国の政治危機はあまりにも深く、それがもたらす恐るべき危険性はあまりにも明白であり、完全な変革のための稀有な機会を提供しています。私たちはこの戦いに身を投じる以外に選択肢はないと言っても過言ではありません。

Written by

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store