誰がFacebookを所有しているのか?

Image for post
Image for post

誰がFacebookを所有しているのか?

エマニュエル・パストリッチ

アメリカ合衆国大統領独立候補

2020年6月19日

アメリカ大統領に立候補する計画について友人と話し合った時、自分の考えや目的は立派であると言われ、ソーシャルメディアを介してメッセージを発信し、自分のプロフィールをすぐに検索エンジン(特にGoogle)で確認できるようにする必要があると言われました。

幅広い支援にもかかわらず資金が不足していたため、私はそうするように促している人々の善意を理解し、一丸となって努力しました。悲しいことに、私のキャンペーンを広める手段としてのインターネットを調査した結果、インターネットとして知られているそのジャングルの後ろに潜む残酷で臆病な力にとっては真実は価値がないことを発見しました。

我々の正義のための闘争において、世界中の仲間を探し出そうとするときに依存している媒体のサイバースペースは、重大な問題について互いにコミュニケーションを取り、より良い未来のために一緒になって計画するために使用できますが、その媒体は彼らの短期的な利益に取りつかれている人々に売り払われました。

不思議なことに、私の友人は、全く規制されていない多国籍コングロマリットAlphabet社によって利益を抽出する冷酷な手段として実行されている検索エンジンGoogleが保持する情報の独占にまったく気づいていませんでした。彼らは、地球市民の間の言説を操作するFacebookやTwitterのような民間企業の操作性、最終的には犯罪性について、同様に無知であるか、おそらく完全に否定していました。

これらの企業は、自分たち自身が提供しているインターネットサービスの所有者だと錯覚しています。これらの企業による大規模なPRキャンペーンによって、私たちは、GoogleまたはFacebookは慈善団体や真理の科学的追求に貢献する責任ある政府組織のように運営されていると思っています。

もちろん、これらの企業は、良い政府と健全な社会を促進するための私たちの努力を容認しますが、しかしそれは、私たちのそのような努力が彼らの利益や顧客である企業の利益を脅かさないという前提があります。大抵の場合、彼らの主な機能は、社会に対して意味のある変化への市民の要求を受け入れ、それを効果のない、あるいは不誠実な政党、NGO、同様に他人の不幸を利用して利益を得る者へと転向させることです。

これらのインターネットサービス企業は(彼らが設立したさまざまな偽の慈善団体とともに)高潔な機関を装っていますが、あなたやあなたの友人の注意をそらし、系統的で効果的な方法で考えさせないことでお金を稼ぎ、投稿やメッセージを介して、瞬間的な満足や刺激によって市民を中毒化させています。直面している道徳的・政治的危機に立ち向かう市民として私たちが集まるのを防ぐために、彼らは些細な問題に関する報告と議論で私たちを飽和させています。

彼らは、あなたがGoogle、Facebook、Twitter、Snapchatまたは他のサーチエンジンとソーシャルメディアのユーザーであると言います。しかし実際は、あなたは顧客ではなく、それらの会社が他のグループに売る製品です。彼らはあなたの私生活、あなたの興味とあなた特有の習慣、あなたの友人と仲間についての詳細なプロフィールを含むあなたの個人情報を他の企業に販売します。さらに重要なことに、彼らはあなたから強奪する企業に、あなたの注意を逸らしてミスリードするサービスを提供します。つまり、彼らが豊かな権力者たちへ提供する最も価値のある製品は、あなたを混乱させ、あなたの心に真実や信頼できる人についての不確実性を生み出すことです。

今回の新型コロナウイルスによる混乱はこのビジネスが大きな部分を占めています。コロナによる混乱は彼らが第三者に売るものです。彼らがあなたに提示する矛盾した情報は、真実の科学的探求とは何の関係もありません。それでは、メディアやソーシャルネットワークが、さまざまな母集団やさまざまな人口統計に合わせてカスタマイズされた矛盾する情報を提供する目的は何でしょうか?動機はいくつかありますが、主な理由は、市民がすべての機関に対する深い不信感を生み出すことです。市民はメディアや腐敗した政府当局者、その他の腐敗した専門家から、すべてのニュースを信用せず、すべての政府を信用せず、警察を信用せず、大学や研究機関を信用せず、すべての当局を信用しないように教えられています。それは、裕福な有力者による権力の統合の要求に抵抗できる機関が残っていないことを意味します。科学的事実の信頼できる機関を装ったGoogle、Facebook、Twitterなどは、この恐ろしいプロセスを促進する上で中心的な役割を果たしています。

プロセスの一部は、真に腐敗した政府と腐敗した制度を作り出すことです。その意味で、新聞にでているレポートは嘘ではありません。

すべての公的機関、独立した客観的な分析のあらゆる情報源の破壊は、政府、教育、およびコミュニケーション手段の冷酷な民営化の前に必要なステップです。私たちが他の人とどのようにコミュニケーションするかは、これらの企業が管理したい政治システムの一部です。彼らはすでに、私たちが食物を生産する方法、私たちが住んでいる住宅、私たちが買うものを制御しています。私たちが行う他の人とのすべてのやりとりが彼らの財産になる場合、私たちが友人や家族と通信し、組織を形成し、自分自身を守る権利のために直接または間接的にお金を支払わなければならないのであれば、私たちは本質的に奴隷になっています。もし私たちが彼らのツールを使うことなしに、直接会うことができない、旅行ができない、手紙、電子メール、または電話で連絡を取ることができないのであれば、彼らは私たちの努力のすべての部分をスパイできるだけでなく、彼らが好きな時にいつでも完全に私たちをシャットダウンすることができます。

Facebook共和国

会社「Facebook」が所有権を主張し、市民を操作してミスリードする手段として使用しているプラットフォームについてお話したいと思います。私はFacebookが非倫理的な振る舞いにおいて並ぶものが無いことや、それが最悪であることを示唆するつもりもありません。むしろ私はそれを一例として提供します。なぜなら、私はFacebookでの経験があり、それが共通の利益のために使用されれば、米国が将来的に大きな可能性を秘めていることを示せるからです。

Facebookは全世界に嘘を売ることによって、その所有者と投資家に数十億ドルを儲けさせてきました。 Facebookは、共有された「透明な協力プラットフォーム」として提供され、誰でも無料で使用できます。しかし、Facebookがどのように実行されるかを決定する権利をユーザーには与えていません。市民を操作する目的の情報を市民に提供し、利益のために収集した情報を売却しています。それでは、Facebookは誰に責任があるのでしょうか?他の誰かではなく、利益を計算しているのはスーパーコンピューターです。ただし、Facebookは競合他社よりも多くの人々にアクセスを提供しています。それは、この企業が低金利で何十億ドルも借りることができ、グローバル市場を引き継ぐことができたからです。

同時に、Facebookは国際的な交流のための強力なプラットフォームになり、世界中の人々が同様の興味を持つ仲間を探し、交流を始めることができます。これは、太った猫やカフェラテの写真を共有するために使用することもできますし、より良い世界を構築する方法についての生産的な議論のためのプラットフォームにすることもできます。

もちろんFacebook株式会社はあなたが表面的なものに固執することを好むでしょう。Facebookで共通の関心を持つ他の人、地域によって簡単に探すことはできません。また、簡単に参照できるようにFacebookで送受信した資料を体系的に保存することもできません。投稿された情報は、数日後にはFacebook株式会社とその顧客以外の誰もが本質的にアクセスできなくなるように設計されています。ユーザーが機能を拡張したり、ページをカスタマイズしたりできるように、サードパーティがFacebookで実行するオリジナルのアプリを開発する方法はありません。つまり、我々は Facebookの顧客でもなく、市民でもなく、ただ単に商品にすぎません。

それにもかかわらず、この原始的な現在の形式でさえ、Facebookは世界中の思慮深い個人間の幅広い会話の可能性を提供します。真実を求める人々に対して会社に制限された敵対的な態度にもかかわらず、中学生や高校生を含む思慮深い活動家が今もそこで活動しています。つまり、Facebookはその目的のために設計されたわけではないかもしれませんが、政策論争から完全に締め出された人々が協力して、地域社会や地球全体に貢献する機会を提供します。

営利企業であるFacebookを、国連、世界銀行、OECD、またはグローバルガバナンスに携わっている国際機関などと比較すると、Facebookがはるかに幅広い議論を可能にする参加型システムであるという結論に至ります。国連のような国際機関は独自の内部討論を行い、その決定は難解な専門用語の多い文書や企業メディアでの放送を通じて一方通行で人々に配布されます。ナイジェリアの路上商人や中国の高校生は言うまでもなく、あなたのような誰かがこれらの組織が推進している政策について、その政策が全世界に影響を与えるとしても、意見を提供したり、決定過程に参加することはできません。

国連は国民国家のみを加盟国として認めています。しかし、ほとんどの国の機関がグローバル企業と国内階級紛争によって引き裂かれている今日、一般市民が政府を通じて国連総会に提案を出す方法はありません。しかし、Facebookが世界の市民が所有し、運営するグローバルな組織に変身した場合、真の国際ガバナンスのような役割を果たします。Facebook株式会社はFacebookを構築しなかったことを思い出してください。私たちユーザーが構築しました。 TwitterやSnapchat、または企業が所有すると主張するその他の機関を構築したのと同じです。 私たち人々は、実際にFacebookに貴重なコンテンツを投入し、効果的な国際的ネットワークを形成する作業を行いました。

Facebookの所有権を主張する企業は、19世紀にユニオンパシフィック鉄道を設立した強盗男爵に相当すると考える必要があります。クラーク・デュラントやマーク・ホプキンスなどの人物が銀行から資金を集め、ユニオンパシフィック鉄道を収益性の高さのために設立しましたが、やがてこれらの鉄道は市民の活動によって規制組織に変わりました。 1887年の州際通商法は、短距離差別およびその他の略奪行為を禁止しました。フリーホイーリング鉄道は厳格な規則に準拠するように作られました。その背景は、鉄道を作った人々が実際は何もしなかったことが分かったため、市民の意識が変わったことでした。

郵便サービスも同じく、営利企業の寄せ集めから、重要なサービスを提供する非営利の政府機関に変わりました。現在、企業による押し付けは、郵政民営化のためのものです。しかし、臆病な政治家の誰もがそれらの企業に反対の立場を取ることはありません。郵便サービスは民営化されるべきではないだけでなく、Google、Facebook、Amazonは規制された独占企業、国営公社またはユーザー所有の協同組合にならなければなりません。

悲しいことに、私たちは米国および世界の市民として、分配、物流、データの流通と収集のシステムを通じて深く統合されていますが、私たちはお互いをまったく知りません。私たちはお互いに対する無知と無関心を克服し、グローバルな脅威に対応するために、まったく新しい形の参加型グローバルガバナンスを構築する必要があります。Facebookは私たちを一つにまとめる手段になる可能性があります。そのためには、私たちは力強く要求しなければなりません。 Facebookは私たちに期待する企業ではなく私たちに属していると強く主張し、Facebookや類似の企業を正しい方向に進めるために、Facebookがどうなるべきか具体的な提案をする必要があります。

Facebookのような営利組織に、真の共通のグローバルコミュニティに向けて改善を要求することは不可能です。 ユーザーがFacebookのデザインと構造をどのようにするのかを民主的なプロセスで決定できるようにするなど、会社に私たちの要求を受け入れるインセンティブはありません。一方、代替ソーシャルネットワークは、民間資本へのアクセスが不足しており、グローバル企業によって意図的に飢えさせられているため、参加者が非常に制限されている傾向があります。

Facebookが内部でどのように管理されるのか、個々のユーザーがFacebookのポリシーをどのように議論するのか、そのポリシーがローカルおよびグローバルレベルでどのように承認および策定されるのかについて、具体的な計画が必要です。Facebookのガバナンスは、個人やコミュニティのニーズにアクセスしやすく、透明性が高く、より指向的なものにする改革から始まります。まず、個人がFacebook内で独自にアプリケーションを設計し、他のメンバーに譲渡または販売する権利を持つことを許可するなど、単純な改革の要求から始めることができます。そのプロセスには、ローカルおよびグローバルのFacebookポリシーを議論して決定する、ローカルに選出されたコミュニティの形成が含まれる可能性があります。 決定する過程においては会社が参与する理由はありません。

所有権の問題

Facebookを私たちが集団的にコントロールするプロセスは、FacebookのコンテンツとFacebookによって得られた利益が私たちのものであると私たちが力強く主張したときにのみ始まります。つまり、Facebookは私たちのものだということです。

Facebook株式会社は、発生したすべての利益に対する権利を主張し、すべてのコンテンツを作成し、すべてのネットワークを形成するユーザーには何も与えませんが、この前提には疑問が残ります。 Facebookは明らかにそれを作成した人に属し、国際金融や弁護士の列にアクセスできる株主には所有権は全くありません。

所有権についての効果的な議論を始めて、このコミュニケーション用共有スペースの所有権が将来どのようになるのかについて、具体的な提案を展開する必要があります。それらの提案は、Facebookの共有所有権と共有利益のために組織化されたユーザーグループによって実装される計画を含む具体的な要求でバッ​​クアップする必要があります。

Facebookを私たちのものにするためには、社会における私たちの役割を再考する必要があります。私たちは、長年に渡って眠っていた「消費の眠り」から抜け出さなければなりません。現在の経済的、生態学的、イデオロギーの危機は私たちを目覚めさせるのに十分かもしれません。

プロセスの一部は、Facebookおよび同様のソーシャルネットワークと検索エンジンをグローバルに管理するための手段を確立する、基本的な「Facebookの憲法」を起草する憲法上の慣習である可能性があります。

憲法は、

1. Facebookを市民のニーズに対応させるメカニズムを作成します。

2. Facebookに一連の倫理原則に対する責任を負わせます。

3. Facebookの金融取引とその管理構造に関する完全な透明性を確保し、すべての利益がコンテンツを作成するユーザー間で共有されるようにします。

4. 政策の作成を制御する方法として、民間資本へのアクセスが決して使用されないようにします。コンピュータプログラミング、デザイン、法律、芸術、哲学、文学、工学、社会、物理学、生物学、情報科学などの分野の専門家グループがこの会議に集まり、憲法の基本的な枠組みを設定します。

会議終了後、Facebookコミュニティ全体と6か月間の協議期間を設け、これを通じてグループの最初の提案を修正し、一般的な合意に向けての取り組みが始まります。協議期間の後に批准の日が来ます。Facebookのユーザーベース全体が市民となり、透明で説明責任のある管理システムを備えた「Facebook共和国」の創設に投票します。

私たちの管理下では、Facebook共和国からそのユーザーである所有者への利益の公平な分配を可能にするマイクロペイメントシステムを確立します。 Facebookの市民は、自分の作品を販売または交換することが許可され、投稿、デザイン、ミーム、ビデオ、およびオーディオに対して適切な料金が支払われます。 Merit Networkが初期のインターネットの仕組みを管理した請負業者であったのと同じように、おそらく請負業者として以外は、Facebook 株式会社は必要ありません。

倫理的に管理されているFacebookは、世界中の同様の懸念を持つ人々がグローバルな参加型民主主義に出会い、参加し、共同プロジェクトや一般的な問題に対する創造的な解決策を提案するチームを形成する場所として機能します。Facebookは、世界中の隅々で同様の目標を追求する人々にとって、研究、政策論争、実施のためのパートナーや協力者を探す手段となる可能性があります。限られた資金調達の時代において、類似のグループ間で資金を共有する可能性は、途方もない可能性を提供します。

現在の世界的危機に直面して、私たちに意志と義務感があれば、Facebookのプラットフォームは正当な形のグローバルな民主的統治に変わる可能性があります。インターネット全体も、その過程で、P2Pネットワークを通じて市民の参加を促進し、再生可能エネルギーによって100%電力を供給される憲法制民主主義に変換されます。

Written by

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store