アメリカの「特異な制度」、化石燃料に終止符を打つ

「アメリカの「特異な制度」、化石燃料に終止符を打つ」

エマニュエ ルパストリッチ

2020年 6月 22日

「グリーン・ニューディール」の話は最近のワシントンD.C.ではすべて消えてしまいました。民主党、共和党、そしてトランプ政権は、すべてCOVID-19という仰々しい偶像の前に平伏しています。極地の氷が溶け、砂漠が広がるにつれて、「気候変動」という言葉そのものが、すべての言説から消えてしまいました。アレクサンドリア・オカシオ・コルテスに触発された興奮は、氷河のように溶けてしまいました。

しかし、この「グリーン・ニューディール」は最高の状態であっても、過剰に膨らみ過ぎていて、目の前の課題には悲しいほどに不十分です。もちろん、メディアが、教育を受けた上流中流階級の読者のために、大規模な石油による政治の腐敗を強調したのは事実ですが、それは、私たちが日常生活のあらゆる場面でプラスチック、ガソリン、石炭を使用することを強制する歪んだ経済システムの表面を掻き始めてさえいません。何かが深く間違っているので、もはや無視することはできません。それは腐った食べ物を食べて気分が悪くなったようなものです。胃の痛みを無視しようとすることはできますが、最終的には吐き出さなければなりません。

私たちは真実と向き合わなければなりません。「グリーン・ニューディール」の印象的な写真撮影にもかかわらず、その内容は化石燃料の使用を直ちに終わらせることを目的としたものではなく、市民が自分たちで地域社会を再生可能エネルギーに移行するための手段を与えることを目的としたものでもなかったことを認識しなければなりません。しかし、もう一つの政治的な反応があります。米国では気候変動に関する大規模な抗議行動が行われ、大勢の人が集まっているのを見てきました。これらの抗議行動は気候変動問題に真正面から取り組み、政治が行動と真実の追求に基づいていなければ政治ではないとした、気候変動に対する正直な政治姿勢を要求しています。

私たちは、私たちの時代の巨大な危機である気候の大災害に焦点を当て、人類の絶滅を私たちのグローバルキャンペーンの中心的な問題にしなければなりません。次のステップは政治家にお世辞を言うことではなく、企業のCEOやロビイストを口説くことでもありません。この政治運動は人々の感情を傷つけることを気にしてはならないし、企業メディアの報道の要件を満たすためにメッセージをトーンダウンしてもいけません。

私たちの優先事項は炭素をベースにした経済を直ちに停止させ、その目的に達するために世界中の大都市を麻痺させることです。私の言葉を過激だと思う人もいるかもしれません。しかし、私は科学的根拠を重要に考え、真実を語る唯一の米国大統領候補者に過ぎません。京都議定書以降の気候変動への対応における絶望的な失敗、政治家や知識人の臆病さ、そしてメディアとして知られているあの哀れな機関を、私たちは超えなければなりません。

1950年代の消費経済の始まりから石油に染まったこの文化は終焉を迎えなければなりません。私たち全員が罪を犯しています。メールをチェックするたびに、熱いシャワーを浴びるたびに、車を走らせたり、親戚に会いに飛行機に乗ったりするたびに、私たちは人類の棺桶に別の釘を打ち込んでいるのです。

特異な制度

私たちは、「コモン・ドリームス」や「トゥルースアウト」のような「進歩的」メディアの情報源や、危機の規模、または人類に対するその悲惨な意味合いを認めることを拒否しているロバート・ライヒ教授のような不誠実な知識人によって、私たちが受け入れるように洗脳されてきた「進歩的」アプローチとは対照的に、急進的な行動の必要性との折り合いをつけようと必死になっています。

進歩的な人々が、トランプ政権が愚かにもその場から立ち去ったパリ協定を理想化していて、立派な突破口として掲げていますが、そのパリ協定は差し迫った危機の解決策として意図されたものではなく、むしろ面目躍如の政治的策略、メディアを相手にしたお芝居でした。パリ協定の物足りなさを一はやく常識化させないといけません。

人類が生き残るためには、明日から化石燃料をゼロにすることが要求されますが、2030年までに自然エネルギーを40%までゆっくりと増やすことはできません。今の時点では、進歩的な活動に寄付をしたり、次の選挙を待ったりすることは自殺行為です。

この消費文化に終止符を打ち、生産、消費、成長は経済の必需品であるという前提を覆し、私たちの消費のあらゆる側面が地球に直接影響を与えていることを主張することほど必要なことはありません。同様に重要なことは、若者が、化石燃料経済から利益を得ている銀行や企業が推進している危険な中途半端な政策や楽天的な記事などを受け入れるような誤解を与えないようにしなければならないということです。

私が言及しているのは、カーボン・トレーディング、ハイブリッド車、ジオ・エンジニアリング、次世代原子力エネルギーなどです。気候変動に関する米国のすべての機関(地方政府、中央政府、企業、NGO、教育機関)の不作為に対する市民の反応は、大規模かつ即時的でなければなりません。私たちが頼りにしていた番犬が、企業からの潤沢な資金を常に求めておべっかになってしまったこと、そして、彼らのレトリックがどれほど環境に優しく聞こえようとも、化石燃料大国を相手にすることができないことを私たちは痛いほど認識しています。環境に関連した総会は多くの場合カタールから支援を受けていて絶対に客観的な分析などできません。

私たち自身でガバナンスに関与しなければなりません。「350.ORG」は、気候変動に関する政策論争に重要な情報を提供する主要なNGOです。それは昨年、メンバーに向けて次のようなメールを送りました。「大統領候補者エリザベス・ウォーレンは金曜日に大胆な気候コミットメントを発表した。 もし当選したら、彼女は初日に、私たちの公有地でのすべての化石燃料の掘削を停止する執行命令に署名するだろう。」

350.ORGは「信じられないほどのステップ」 としてウォーレンの言葉を賞賛しました。しかし、ウォーレンは他の候補者より一歩先にあるかもしれませんが、絶滅に直面している種の観点からは、彼女の呼びかけは絶望的に弱いように聞こえます。公有地ですべての掘削を止める? そのステップは、そのような政策を支持しない候補者がすぐに大統領候補レースから撤退するように要求すべきであるほど明白です。本当の要求はアメリカと世界の石油掘削を永久に停止することでしょう。より実質的で説得力のある要求は、1年以内に石油の使用を違法にすることです。

オゾン層を破壊しているクロロフルオロカーボンの使用を国際的に禁止した1987年のモントリオール議定書には、そのような行動(国内的にも国際的にも)のための有益な前例があります。私たちは、石油、石炭、天然ガスの生産と消費によって引き起こされる大気へのダメージのために、石油、石炭、天然ガスの使用を禁止する「ロンドン議定書」を必要としています。このような国際的な協定は、各国が平行して禁止することで完璧に理にかなっており、エネルギー生成のために世界的に石油・石炭・天然ガスの使用を急速に停止させるための第一歩となるでしょう。

新聞によれば進歩と保守との争いは、エリザベス・ウォーレンやバーニー・サンダースが採用している政治神話のように、異なる価値観を持つ保守派と対立しているというもので、彼らは貪欲で、限られた視野の中で政治的プロセスを経て徐々に克服していかなければならないというものです。しかし現実には、我々が直面しているのは「保守派」ではなく、むしろ我々の経済と文化の支配権を掌握している巨大な犯罪企業であり、違法で非道徳な戦術を使って、その行動を規制するために残っているいくつかの制度を破壊しているということです。

既得権益者がいかにして私たちを化石燃料中毒にさせ、私たちを化石燃料中毒のままにしておくことを奨励しているかについての適切な先例は、19世紀のアメリカ経済を牽引するために道徳的に堕落した奴隷制度を利用していたことに見出すことができます。

奴隷制度は、経済を動かすために無給の労働力を無制限に搾取し、南部の農園主とそれに融資した北部の銀行の利益を増大させました。ある意味で奴隷制度は、製造業や農業を動かすための一見安価なエネルギーを、見えないところに隠された恐ろしい価格で提供していたのです。「奴隷」として仕えていたアフリカ系アメリカ人の人間的資質は、人種的な劣等性を「証明」する詐欺的な科学によって補強された偽りの法制度によって否定されていました。全体として、奴隷制度はアメリカの政治と文化を堕落させ、犯罪が台座に置かれ、独自の文化として崇拝される社会を作り出しました。しかし、南部の州の上品な家族は、この現実を見ないように後ろ向きに身を乗り出しました。

この恐ろしいシステムを説明するための造語は、「特異な制度」であり、南部にはそれを際立たせるいくつかの特徴的な習慣があることを示唆する表現でした。しかし、「特異な制度」は、健全な社会が支えることのできない搾取の犯罪制度を指す不誠実な言い方に過ぎませんでした。1850年代の多くの進歩主義者(廃止論者)の反応は、奴隷制が新たに認められた州に広がらないように歯を食いしばって戦い、改革を通じて南部での奴隷の残酷さを減らし、自由な州に逃れた場合には自由を認めるようにしようとするものでした。しかし、ほとんどの改革派の「廃止論者」の間では、奴隷制はゆっくりと改革されるべき悪い政策であるというのが基本的な前提となっていました。

同様に、今日のアメリカでの政治的議論は、風力発電や太陽光発電の利用をいかに増やすか、再生可能エネルギーをいかに企業にとって財政的に魅力的なものにするか、再生可能エネルギーに課税しながら石炭に補助金を出すというトランプ政権の極端な政策をいかに終わらせるか、というものです。

しかし、この政治的な議論は、化石燃料企業が、莫大な利益を生み出すだけでなく、人類の多くを死に追いやっているエネルギー源である化石燃料の使用を強要しようとする大規模な犯罪的努力をしているという事実に目を瞑って初めて意味があります。言い換えれば、議論に意味を持たせるためには、まず自分自身を欺かなければならないということです。

私たちは経済システムそのものの支配権を握って、中間業者、つまり、長期的な進歩的対応を説明する記事を書いて生計を立て、企業の利益に訴えるソフトボールの提案で国会議員にロビー活動を行い、風力発電が石炭と「競争力を持つ」ことができると提案し、国連の報告書に記載されている生態系崩壊の脅威をごまかして、研究機関が化石燃料に関心を持つ企業や銀行から資金を受け取り続けることを確実にするような教育を受けた人々を置き去りにする必要があります。

私たちの「ジョン・ブラウンの瞬間」

もし私たちが、化石燃料に反対する現在の世界規模な動員と同等な奴隷制との戦いの瞬間を探しているとしたら、最も適切な例は、ジョン・ブラウンと彼の信奉者が奴隷制に反抗するという決断をしたことです。ジョン・ブラウンと彼の信奉者たちは、政府が奴隷制度という不道徳な行為を推進しているので、それには何の正当性もないと宣言しました。私たちはまた、人類滅亡の脅威に照らして、化石燃料を排除するための「進歩的」な議論を超えなければなりません。

ジョン・ブラウンは「反乱軍」のリーダーとして多くの人から無視されて、その後100年間、南部の人々から反乱軍と狂人として中傷されました。しかし、ブラウンの文章を読めば、彼の行動が論理に支えられ、道徳的な洞察力に基づいた非の打ちどころのないものであったことがわかります。ブラウンが1859年10月にバージニア州ハーパーズフェリーにある連邦軍の武器庫を襲撃したとき、その意図は、腐敗した経済システム全体を放棄する新政府を樹立することによって、奴隷制度を(間違った政策としてではなく犯罪行為として)終わらせることでした。ブラウンの軍勢はすぐに圧倒されました。その後、彼は裁判にかけられ、反逆罪(アメリカ史上初の有罪判決)で有罪となり、絞首刑に処されました。

奴隷制度から富を得ていた人々(民主党)は、ブラウンの行動を自分たちの生活様式に対する卑劣な攻撃だと非難しました。北部の進歩派(共和党)の多くは、奴隷国家の問題には干渉しないと言って、この事件から距離を置いていました。

しかし、ブラウンが起草した「暫定憲法と条例」の冒頭を見てみましょう。

「奴隷制度は、アメリカ合衆国の全存在期間を通じて、市民の一部が他の一部に対して行う、最も野蛮であり、無差別で正当性のない戦争に他ならない。それは、永久投獄と絶望的な隷属、または絶対的な絶滅であり、独立宣言に定められた永遠の自明の真理を全く無視し、違反している。したがって、我々合衆国市民は、最近の最高裁の決定により、白人が尊重すべき権利を有しないと宣言された被抑圧市民とその法律により品位を落とされたすべての人々と共に、当分の間、以下の暫定憲法と条例を宣布し、自分たちのために制定する。」

現在のアメリカの危機と石油と石炭への依存を説明するように、この文章を修正してみましょう。

「化石燃料の使用を私たちに強制することは、大多数の市民に対するごく一部の市民の、最も野蛮で、無防備で、正当化できない戦争に他なりません。我々の独立宣言に定められた自明の真理です。したがって、私たち合衆国市民は、化石燃料産業の被害を受けた人々と一緒になって、そして、抵抗する権利を持たないと最高裁判所によって宣言された被抑圧された人々と共に、化石燃料主導経済の死の行進から自分たちを解放するために、我々の個人、財産、生命、自由をよりよく保護し、自分の行動に対する決定権を所有するために、当分の間、以下の暫定憲法と条例を宣布し、自分たちのために制定する。」

私たちは制度化された犯罪性を逆転させなければなりません。ジョン・ブラウンは、奴隷制度を「特異な制度」としてではなく、むしろ犯罪行為、人口に対する「戦争」として言及したときに、ゲームのルールを変えました。私たちもまた、エネルギーに関する言説をコントロールし、言説の用語を自分たちで定義し始めなければなりません。炭素排出は、交換可能な小さな不便ではなく、むしろ私たちの生存を脅かす直接的な脅威なのです。

化石燃料利権者によってコミットされた最新の残虐行為にすぐに対応するのではなく、私たちはできるだけ多くの人々に、積極的に、直ちに全面的に実施されなければならない全く新しい文化と経済を提示しなければなりません。私たちは現在の経済システムに深く投資している人や、化石燃料利権を支持してきた長い歴史を持つ民主党の政治家に依存しながら、変化を達成するための断片的な試みを応援することはこれ以上できません。

米国議会には気候変動の脅威を否定し、気候変動は詐欺であるとさえ主張するような発言をする「保守的」な政治家が多数存在します。彼らは化石燃料産業から資金を得ており、化石燃料は安全だという主張を裏付ける証拠を提供するために、コッホインダストリーズのような化石燃料財閥に養われた専門家の証人を頻繁に呼び寄せています。彼らの研究は詐欺的であり、彼らの主張は科学的証拠を無視しています。

彼らの行動に対する進歩的な政治家の現在の反応は、これらの「保守的」な政治家の無知、利己主義、近視眼性を嘆き、「愚かな専門家」とその「愚かな信奉者」を嘆くことです。この態度は1850年代に奴隷制度を廃止するどころか、南部の州に制限をかけようとした共和党員の態度に似ています。しかし、気候変動の問題は意見や利害関係の問題ではなく、法律や科学的に検証された真実の問題なのです。

法律は何と言っているのか?

法律は非常に明確です。議員が委員会で気候変動が虚構であることや、深刻な脅威ではないことを示唆するような証言をしたり、専門家を連れてきたりした場合、その行為は保守的な見解の表明ではなく、むしろ虚偽の証言をすることになります。このような行為は法律によれば重罪です。最低限、そのような行為をした議員は辞職に追い込まれ、懲役刑に処されるべきです。そのような虚偽の証拠を提示した専門家も同様の罪に問われるべきです。それなのに、国会議事堂でこのようなあからさまな犯罪行為に従事している議員や専門家証人に対して、このような完全に論理的で合法的な告発をする度胸のある民主党員は一人もいないのです。

この犯罪行為が何十年も続いているという事実は、奴隷制度が何百年も実践されていたという事実がその不道徳さを言い訳にしていないのと同じように、言い訳にはなりません。もし議会の誰も、議会を運営しているインサイダーの弁護士、ロビイスト、コンサルタント、スタッフの誰も、このような道徳的、法的な立場を取る気がないのであれば、国民は立ち上がり、このような犯罪行為を処罰し、加害者を追放するよう要求しなければなりません。多くの人が抗議すれば、政治家も圧力を感じて行動を変えるでしょう。

このような強硬路線を取ることは、何百人もの議員、何千人ものスタッフやロビイストに辞職を要求し、その行動のために刑務所に入ることと同等のものになるのではないかという意見もあります。私は、もし人類が生き残る方法を探りたいのであれば、そのようなシナリオから遠ざかるべきではないと答えます。私たちはそれを受け入れる準備ができているべきです。もし、すべての議員が何らかのレベルでこのような犯罪行為に従事していることが判明した場合、彼ら全員が退陣し、これらの不道徳な化石燃料利権に結びついた組織の干渉を受けない選挙を行うことが許されるように要求することは、私たちの権利であるだけでなく、道義的責任でもあるのです。

議員が化石燃料企業や化石燃料を推進する投資銀行から献金を受けることは、現在のところ認められている慣行です。しかし、過去70年間の化石燃料の推進は、多くの場合、製油所や高速道路システムのための連邦政府の補助金を伴うものであり、最初から犯罪的な陰謀であり、国民の意志を代表する民主的なプロセスではありませんでした。ゼネラル・モーターズ、スタンダード・オイル、フィリップス石油による公共交通機関の購入と破壊(フロント組織を通じた活動)は、危険な化学物質である石油への市民の依存度を高めるためであったとしても、あるいは、石油の供給を確保するために米軍を再編成するためであったとしても、本質的に犯罪的である一連の政策決定が行われてきました。

石油を供給しているエクソンモービルやシェルのような企業は、地球温暖化という現象と、その有害物質が環境に与える危険な影響について、少なくとも1980年代から十分に認識していたことがわかっています。彼らはこのような科学的な結果を隠し、代わりに専門家や広報会社を雇い、広告や博士号を取得した学術研究やロビー活動を通じて、誤解を招くような不誠実な情報を世間に提示してきました。彼らは脅威の大きさを十分に認識していました。それでも私たちにできることは、これらの企業の身勝手さを嘆き、次の選挙のために、あるいはその次の選挙のために、苦しい市民に対して民主党の選挙運動への献金をお願いすることくらいでしょうか?

もし読者が環境に極めて危険な製品を販売していて、世界中で何百万人とは言わないまでも何十万人もの人が死に、地球温暖化で何十億人もの人が死ぬ可能性のある製品を販売していたら、あなたはどうなるでしょうか?もし、あなたが1980年代から製品の危険性を知っていて、その情報を隠していたとしたらどうでしょうか?汚染された財産を使って政治家に賄賂を渡したり、違法な活動を守るために議会に嘘をつく偽の科学専門家を雇っていたとしたら?

あなたの運命は確実に決まっています。あなたは共謀罪で直ちに投獄されるでしょう。全財産を差し押さえることになります。 所有していた資産をはるかに超えた被害をもたらした後始末の費用を支払う刑事責任を負うことになるでしょう。

それでは、この製品の危険性について圧倒的な科学的証拠があるにもかかわらず、正確にこのような行動をとってきた化石燃料会社と、それを支える投資銀行などの金融機関に対して、私たちは何をすべきなのでしょうか?

状況は同じです。市民は、これらの企業を犯罪組織として扱い、不正に得た資金を(弁護士とロビイストに)自衛のために使う権利を剥奪することを要求しなければなりません。責任のある者は直ちに投獄され、過去40年間に犯した罪で起訴されなければなりません。彼らを支援した政治家やロビイストも同様の扱いを受けるべきです。エクソンモービルやコークインダストリーズのような企業の資産と、それらの企業を所有している個人の資産は、被害の浄化と世界中の被害者への補償のために、全額差し押さえられるべきです。

化石燃料企業が「保守的」な候補者の選挙にどれだけの資金を提供しているか、あるいはこの不公平な政治環境の中で選挙に勝つために「進歩的」な人々がどれだけ努力しなければならないか、などと嘆く必要はありません。これらの化石燃料企業の資産が差し押さえられ、犯罪的なキャンペーンでそれらの企業のために働いていたロビイストや専門家が政治への参加をブロックされるようになれば(復興期の元南部連合の指導者の権利剥奪のように)、私たちは、科学的なコンセンサスに基づいて、憲法と一致した気候変動への対応のために何が適切な政策であるかを決定できる立場になるでしょう。私たちは、化石燃料会社に買収された政治家、または銀行と化石燃料会社にリンクされた億万長者によって買収された政治家が、議会への証言と政治プロセスへの参加からブロックされることを要求する権利と義務を持っています。この大規模な詐欺に関与したシンクタンクの研究者、教授、弁護士、ロビイスト、その他の公人にも同じことが適用されます。

政治における議論は、意見ではなく、偏りのない科学的知見に基づいたものでなければなりません。私たちは企業を人として扱うことを許してきました。また、気候に関する詐欺的な議論が、お金に支えられていたために、注目に値するものとして扱われることを許してきました。これで終わりにしなければなりません。しかし、私たちがしなければならないことは他にもあります。私たちは、工業社会の危険性、特に自動車や飛行機、石炭や天然ガスが私たちの生活に与える影響について、アメリカ人を誤解させようとするその努力のために、一般的な広告を非難しなければなりません。私たちは工業生産の危険性についての正直な議論を要求しなければなりません。商業メディアが市民に歪んだ情報を流している限り、客観的な判断ができなくなり、民主的な政治は不可能になるでしょう。

私たちは、学術研究とジャーナリズムが、税金によって支えられた透明性のある政府の助成金によって資金提供されるように要求しなければならないし、政府や市民の間で政策についての議論から、隠されたアジェンダを持つ他の利己的な「研究」が排除されるようにしなければなりません。これは気候変動への対応には不可欠なことです。

自由貿易と軍事的安全保障という誤ったイデオロギーに挑む

もし私たちが、この恐ろしい真実に対処するために全国的なキャンペーンを展開したいのであれば、私たちは、自由貿易と軍事的安全保障という、政治家たちがこき下ろしている二つの大きな怪物に立ち向かう必要があるでしょう。

国際貿易は米国市民にとっても世界にとってもプラスであり、私たちの繁栄のために貿易は絶えず拡大されるべきだという神話は、第二次世界大戦以来、両政党と米国のほとんどの知識人によって受け入れられてきました。しかし、貿易の大規模な推進は、企業が海外に工場を移動することができるだけでなく、政府の補助金を得るための手段として、地元の工場の閉鎖で労働者や地域社会を脅かすことができ、アメリカ人に海外製の安い製品を提供し、それによって、そのような製造業が地元の環境と私たちが共有している気候への恐ろしい影響を隠すことができることを意味します。発泡スチロールの箱、ナイロンセーター、プラスチック製のおもちゃは全て、それが処分されたときに私たちの土壌、私たちの川、私たちの海を毒しているだけでなく、その製造は、インドやタイで製造されているため、私たちから隠されている私たちの気候に多大なダメージを与えました。

自由貿易は私たちの経済を掌握し、遠く離れた場所で生産され、膨大な量の化石燃料を使って出荷された製品を購入することを余儀なくされています。使い捨て製品の製造で発生する汚染は、カンザスやミシシッピに工場があった場合と全く同じ影響を気候に与えています。さらに、何千キロもの海を越えて商品を輸送すると、途方もないCO2排出量が発生します。さらに、ほとんどすべての代替メディアは、GDP、消費、成長、開発などの経済学の測定システムに深い欠陥があることを容易に受け入れています。これらの測定法が、経済政策や慣行の生態学的、社会的、文化的影響を無視していること、土壌、水、大気の長期的な劣化を考慮していないことは、知識人にはほとんど指摘されていません。代替的な測定システムの提案はあっても、ほとんど議論されず、採用されることもありません。

軍隊はあらゆるレベルで化石燃料の探査、生産、消費につながっている米国の国内経済の巨大な一部として浮上してきました。軍隊は主要な汚染者であり、気候変動の原因となっている国の数よりもはるかに多いのです。米軍は世界中に何百もの基地を持ち、過剰に拡張されています。多くの場合、その主な役割は、気候を破壊している消費経済に電力を供給するための化石燃料やその他の鉱物の採掘を促進することです。このような軍隊は、「防衛」や「安全保障」とは何の関係もありません。

米国は軍の役割を革命的に変えるまでは、深刻な気候政策に適応することはできません。その変化は、気候変動の緩和を最も高い安全保障上の関心事とするために、安全保障の定義を変えることに根ざしていなければなりません。このような転換は容易ではないでしょう。しかし、それは理論的には可能であり、危機の規模を考えると絶対的に重要なことなのです。

皮肉なことに、武器から遠ざかっていくにしても、化石燃料大国に立ち向かうためには戦士たちの勇気と規律が必要になります。奮起した想像力と冷静な勇気があれば、気候変動にのみ焦点を当てるように、軍の役割と性質を内外から変革することができるのです。最終的には、国防総省を「人間の安全保障省」、あるいは「気候変動省」へと変革しなければなりません。慎重に組織化された計画に基づいて、利益のための不必要な兵器への支出を排除しなければなりません。それが制度改革によって達成されるのか、既存のシステムを完全にシャットダウンして新たにスタートするのかは、その過程で決まるでしょう。

気候変動がどのように展開するかについての科学的予測は、戦闘機や空母、あるいは高速道路やスタジアムのための資金が残っていないことを示唆しています。私たちは気候変動を生き延びるために、ほとんどの資源を投入しなければならないでしょう。

悲しいことに、アメリカでは今、革命が起こっていますが、それは間違った場所で起こっています。トランプ政権は専門知識のある部署を剥奪し、責任感のある人たちを罰し、政府がエリートの富を増やすためだけに機能し、もはや市民に奉仕できないように機能を迅速に民営化しています。このように政府は革命的変化を受けているのです。

Written by

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store